Now Loading

COLUMN

子育てを楽にする家づくりとは?子育てしやすい住宅づくりのアイデアをご紹介!

注文住宅を購入する人のほとんどは、家づくりは初めてという方です。
将来のことをよく考えて設計したつもりでも間取りを失敗したり「もっとこうしておけばよかった」と後悔したりする人が少なくありません。

特に、これからお子さんが増える予定の方や、まだ小さなお子さんしかいらっしゃらないような方の場合、お子さんが大きくなったらどういうことが大変なのか?ということはなかなか実感し辛いのではないでしょうか。

しかし、前もって自分たちの家づくりに必要なさまざまなアイデアを知っていれば、マイホームの後悔は減らせます。

そこで今回は、子育てを楽にする家づくりのアイデアをまとめました。注文住宅のプランづくりで悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

子育て中の家事にはオープンキッチンが最適

小さなお子さんがいる場合、またはこれから子育てをする予定がある場合、オープンタイプのキッチンがおすすめです。リビング等から見えない場所にキッチンを作るクローズタイプのキッチンは、家事をしながら子どもが遊んだりご飯を食べていたりする様子を確認することが難しくなります。
小さなお子さんは目を離している隙に思いもよらぬ行動をすることもありますので、常に目の届く状態にできるオープンキッチンをおすすめします。

また、万が一、お子さんが一人でお風呂に入っているときに転んで怪我をしたり、溺れてしまったりした場合、距離が近ければすぐに駆け付けられるように、キッチンと浴室はなるべく近くに設置することをおすすめします。

リビングにつながる和室を設けてお昼寝スペースに

リビングの隣に和室を作ったり、リビングに畳を置いて間仕切りを設置し、和室スペースにしたりするのもおすすめ。
子供が小さい間は、自室があってもほとんど使いません。リビングやキッチンから目の届くところにある和室は、子供のお昼寝スペースや勉強場所として使えます。

また、子供たちが大きくなったら、仕切りをつけて客間としても使うこともできます。

見落としがちなトイレの広さと採光にも要注意

トイレは、広さと明るさを確保しましょう。
お子さんが自分の意思でトイレを使えるようにするトイレトレーニングは、狭いトイレでは行いづらいものです。
また、トイレに窓がなかったり、薄暗い廊下の先にあったりすると、お子さんが怖がってトイレに入るのを嫌がることもあります。

気づきにくいことですが、トイレが明るく広いことは子育て中の家で意外と重要なのです。

玄関からリビングまでの間に洗面所を設置しよう

しつけの一環として手洗いやうがいを徹底させたい場合は、玄関からリビングの動線上に洗面所を置くと良いでしょう。

洗面所へ行くのに一度リビングを素通りする必要のある間取りだと、手洗いやうがいを忘れてしまいやすくなります。

子供がお手伝いしやすいキッチンにしよう

コンロや包丁などの危険性を伝え、将来的に一人で料理ができる子に育てたいなら、普段からお子さんと一緒に炊事をするのが一番です。

キッチンが狭いとお手伝いしてもらうのが難しいため、最低でも二人が並んで作業できるくらいの広さが必要になります。

また、オープンタイプのキッチンにカウンターテーブルを設けておくと、対面で様子を見つつお手伝いを頼めるので安心です。

ドアノブは「縦」にできるレバータイプがおすすめ

一般的なドアノブの高さは、床から大体90センチ。お子さんが成長して大きくなってくると、目を離したすきに立ち上がってドアノブに手をかけ、部屋の外へ一人で出てしまう可能性があります。

こうした突発的な事態を防ぐためにおすすめなのが、通常「横」に設置するレバータイプのドアを、「縦」にして取り付けること。慣れるまで違和感はありますが、レバータイプのドアノブを縦に設置すれば、小さなお子さんやペットの脱出も防げます。

ただし、ドアノブの種類によっては縦にできないものもあるので、設計の段階で縦横どちらでも取り付けられるタイプのドアノブを選ぶと良いでしょう。

まとめ

子育てを楽にする家作りのアイデアは、まだまだほかにもたくさんあります。

完全自由設計のダイアリィズなら、各ご家庭に合わせた間取りも実現可能。当社と一緒に、子育てを楽にする家作りのアイデアを詰め込んだ理想の住宅を建てませんか?

お問い合わせ・資料請求
ページのトップへ戻る