Now Loading

COLUMN

建てた後で後悔しない!二世帯住宅のメリット・デメリット

二世帯住宅には、大きく分けて3つの間取りがあります。
家族によって価値観やライフスタイルは違うため、自分たちに合っている二世帯住宅がどのタイプかを見極めないと、共同生活はうまくいきません。

今回は、後悔しない二世帯住宅を建てるために知っておきたい、二世帯住宅の間取りとそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

 

■二世帯住宅には3つの間取りがある

二世帯住宅の種類は、基本的に以下の3種類です。
・完全同居タイプ
・一部共有タイプ
・完全分離タイプ

同じ二世帯住宅でも、タイプによって生活のしやすさは大きく違ってきます。

 

■完全同居タイプ

「ひとつの家に二世帯で暮らす」のが、完全同居タイプの二世帯住宅です。
寝室などのプライベートな空間を除いて、リビング・キッチン・トイレ・玄関などすべて一緒に使います。

・完全同居タイプのメリット
完全同居タイプのメリットは、距離の近さとコストの安さ。
寝室を増やすだけなので設計が簡単ですし、一緒に過ごす時間が長くなるため、家族間のコミュニケーションも増えやすいです。ちょっとした家事のお願いや子育てのサポートなども、気軽に頼めます。

・完全同居タイプのデメリット
完全同居タイプのデメリットは、生活のリズムや好み、家事の進め方、性格などが合わないとストレスが大きくなることです。
とくに嫁姑同士があまり仲良くない場合、距離が近すぎるせいでトラブルになりがちなので、完全同居タイプはやめておいた方が良いでしょう。

 

■一部共有タイプ

二世帯で話し合い、住宅の一部だけを共有するのが一部共有タイプです。
玄関だけ共有し、キッチンや浴室は二世帯分用意する場合もあれば、玄関と浴室を共有することもあります。

・一部共有タイプのメリット
どれだけ仲の良い間柄でも、距離が近いと相手の嫌な部分が目についてしまいがち。
その点、一部共有タイプは適度に距離を置いて生活できます。キッチンのデザインなどに強いこだわりがある場合も、それぞれの世帯にキッチンがあれば揉めることはありません。

・一部共有タイプのデメリット
一部共有タイプの二世帯住宅は、生活リズムが違うとお互いストレスを溜め込みやすいです。
自分たちが寝ているときに相手がお風呂に入ったり、忙しく家事をしたりするような状態だと、自宅にいてもリラックスできません。ある程度設計の工夫で対策できますが、多少間取りの自由度が下がってしまいます。

 

■完全分離タイプ

同じアパートやマンションの隣室で生活するように、すべての生活スペースを世帯ごとに分けてしまうのが完全分離タイプです。

・完全分離タイプのメリット
完全分離タイプのメリットは、各世帯の間取りをお互い好きなように設計できることとなります。
また、生活スペースを共有しないため、性格や生活リズムが合わなくても衝突する心配がありません。それでもすぐ近くに住んでいるため、介護や健康状態のチェック、子守のお願いなどをしやすいです。
また、将来的にどちらかの世帯が空いた場合、空き家の方を賃貸として活用することもできます。

・完全分離タイプのデメリット
完全分離タイプのデメリットは、建設費用の高さです。
完全同居タイプや一部共有タイプに比べると、水回りやリビングなどすべての設備を2世帯分作る必要があるので、お金がかかります。
また、お互いが意識して交流しないと、近くにいても疎遠になってしまいがちです。

 

■まとめ

完全同居・一部共有・完全分離、どのタイプの二世帯住宅にも、それぞれのメリットとデメリットが存在します。
異なる価値観を持つ2つの世帯が仲良く暮らしていくためには、お互いの生活リズムやこだわりを尊重できる二世帯住宅が必要です。

自由設計のダイアリィズで、どちらの世帯も満足できる後悔しない家づくりを始めましょう。

お問い合わせ・資料請求
ページのトップへ戻る