Now Loading

COLUMN

家事を楽にする家づくりのポイント!間取りは家事動線から考えよう

「家事をするときにどこを通っているのか」を示す経路を家事動線と呼びます。毎日の家事をできるだけ楽にこなすためには、自分の家事動線に合わせた使いやすい間取りが必要です。

そこで今回は、「キッチン周りの家事」「洗濯」「掃除」の3箇所に絞って、家事動線から間取りづくりをする際のポイントをご紹介します。

 

■広い=楽ではないキッチンの動線

注文住宅を建てる際、「広いキッチンが欲しい」と希望される方は多いです。
ただ、広いキッチンにすれば、毎日の料理や後片付けが楽になるわけではありません。
調味料や鍋を用意する度に数歩移動する必要のある間取りでは、かえって疲れてしまいます。
キッチンが広すぎてリビングで遊ぶ子供の様子が見えないような間取りだと、子供のことが気になって家事に集中できないでしょう。
大切なのは、「必要最低限の移動で家事ができるレイアウト」なのです。

また、洗濯や掃除に比べて料理には時間がかかるため、自然とキッチンで過ごす時間が長くなります。料理の仕込みや後片付けをしながら効率良く洗濯等をこなしたい方には、キッチンや浴室、リビングをつなげてぐるっと一周できる間取りにするのがおすすめです。

キッチンにパントリーを備え付け、玄関との距離を近くしておくと、たくさん食料品等を買い込んできたときも収納が楽になります。

「朝食の後片付けをしたら洗濯機を回し、洗濯している間に料理の仕込みをする」
「週末に食料品をまとめ買いする」

など、普段自分が進めている家事のやり方に合わせた間取りを考えましょう。

 

■重労働の洗濯は、収納までの手順を考えて

洗濯の手順は、

1.洗濯をする
2.洗濯物を干す
3.乾いた洗濯物を収納する
の3ステップです。

各ステップを行う場所が離れていると大変なので、「どうすれば移動距離を短くできるか」を考えましょう。

洗濯をするときの効率を考えると、洗濯機は脱衣所や脱衣カゴのある洗面所に置くのが定番です。
また、洗濯機がある場所と洗濯物を干す場所の間に階段があったり、廊下やリビングをあちこち経由する必要があったりすると、濡れて重たい洗濯物を運ぶことになるので疲れてしまいます。

そこでおすすめしたいのが、洗面所と洗濯物を干すスペースを直線上に並べてしまうこと。
洗面所から直接出られるように庭やバルコニーを作っても良いですし、洗面所・キッチン・庭を一直線につなげれば料理のついでに洗濯を進められます。

ただ、日当たりなどによって洗濯物を干すのに最適な場所や向きは変わってくるので、家を建てるときはプロに相談してから決めましょう。

洗濯物の取り込みも、リビングで洗濯物を畳みたいのか、それともその場で畳みたいのか、洗濯物を各部屋まで持っていくのか大型収納等にまとめてしまうのかで最適な家事動線は変わってきます。

 

■掃除の動線づくりはコンセントが重要!

掃除の動線を考えるときは、コンセントの位置が重要です。
コード付きの掃除機は、コードの長さが決まっているため、隅々まで掃除できるようにコンセントの場所を考える必要があります。コードレスタイプの掃除機を使う場合も、コンセントの位置で「普段どこで掃除機を充電しておくか」が決まるのです。

手に取りづらい場所に掃除機があると、掃除をするのが面倒になってしまいます。
いま使っている、もしくは新しく購入する掃除機のコード長に合わせて、ストレスなく掃除ができるコンセントの位置を見つけましょう。

 

■まとめ

今回ご紹介した、家事動線を使って家事を楽にする間取りづくりのポイントは、あくまでも基本です。
それぞれのご家庭によって、家事のやり方や好みは違います。自分にとって一番楽に家事ができる間取りが欲しい方は、自由設計のダイアリィズでベストな間取りを一緒に考えましょう。

お問い合わせ・資料請求
ページのトップへ戻る