Now Loading

COLUMN

「増やしすぎ」に要注意!新生活に最適な収納づくりのポイント

注文住宅の収納スペースは、たくさんあれば良いというものではありません。ご家庭ごとに家族の人数も違えば、ライフスタイルも違います。自分たちの生活や趣味、使い勝手に合う最適な収納づくりをするために、注文住宅における収納のポイントを知っておきましょう。

 

■収納を増やすと、荷物も増えていく?

・人間は隙間を見ると埋めたくなる
隙間のある本棚を見ると、「本やインテリア小物で空間を埋めたい」と思いませんか?
使っていない部屋があれば、「もったいない」と感じますよね。同じように、必要以上に収納を作ってしまうと、「余っている収納を活用するために物を買う」という良くない循環ができてしまいます。

多くの場合、収納にこだわる方の目標は「余計なものがないスッキリとした生活」を送ること。きれいに片付いた空間を作るためには、「荷物の量」と「収納」バランスを取ることが重要なのです。

 

■過剰な収納はほかのスペースを犠牲にする

・収納スペースは収納にしか使わない
注文住宅を建てる際、収納を増やそうと考えている人に知っておいて欲しいことが二つあります。
一つは、「新居の広さは限られている」ということ。もう一つが、「収納スペースは基本的に収納以外には使えない」ということです。

土地の広さや予算だけでなく、建ぺい率等の法的なルールなどによって、建てられる家の広さには必ず限界があります。そして、ウォークインクローゼットなどの部屋として使えるくらい大きな収納でない限り、収納スペースは収納以外に使えません。
全体で10畳分の広さがある部屋に1畳のクローゼットを設置すると、扉なども必要になるため生活スペースは9畳よりも狭くなってしまいます。もし、このクローゼットを広さ3畳のウォークインタイプにしたら、生活スペースは6畳とわずかになってしまうのです。

先ほど説明した通り、余計な収納を増やすと荷物も増えてしまいます。かといって、使わない収納を余らせてしまうと、デッドスペースになってしまうだけ。注文住宅の収納づくりでは、片付けや工夫を駆使し、必要最低限の収納をフル活用することを重視しましょう。

 

■片付けと工夫で収納をフル活用

・使う場所の近くに収納を作ろう
ムダのない収納づくりの基本は、使う場所の近くに収納スペースを作ることです。

・キッチンにパントリーを作って日用品をまとめて収納する
・トイレに小さな戸棚を作ってトイレットペーパー等の消耗品を収納する
・リビングの片隅に収納を用意して掃除用品を収納しておく

など、使う場所と保管場所の近くに収納があれば、荷物も取り出しやすいですし収納スペースも必要最小限に抑えられます。

・デッドスペースを活用しよう
階段の下や家具を置きづらい部屋の隅、また生活スペースから見えない場所などのデッドスペースに収納を作りましょう。荷物があっても、目に見えなければ片付いて見えます。

・大型収納と小型収納を使い分けて家の中をスッキリさせる
生活スペースを最大限に広くしたい方におすすめなのが、大型収納と小型収納の使い分け。
コートなどの大きな荷物を玄関収納やウォークインクローゼットに収納したり、家族の下着類をまとめて収納する棚を浴室周辺に作ったりすると、その分、寝室や子ども部屋のクローゼットを小さくすることができます。

 

■まとめ

新居に必要な収納力は、ご家庭ごとにそれぞれです。
ムダのない収納が欲しい場合は、現在の荷物量やライフスタイル、今後増えるだろう荷物などを考慮して収納づくりをする必要があります。

自由設計のダイアリィズでは、ご家族にあった収納を間取りから提案可能です。本当に必要な収納のある注文住宅についてもっと詳しく聞きたい方は、ぜひ一度お問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求
ページのトップへ戻る