Now Loading

COLUMN

「あったらいいな」を現実に!理想を叶える注文住宅の魅力をご紹介

建売住宅やマンションにはない注文住宅の魅力は、「あったらいいな」を実現できること。
ただ、注文住宅にするとどんな間取りを実現できるのか、どこまで対応できて、どういった設備があるのかを知っておかないと、自分なりの理想をかたちにまとめることができません。

そこで今回は、注文住宅ならではの魅力的な間取りや設備をいくつかご紹介します。

 

■ウォークインクローゼットで好きな服に囲まれる

・ウォークインクローゼットとは
ウォークインクローゼットとは、2~3畳ほどの小部屋をクローゼットとして使う大型収納です。

・ウォークインクローゼットのメリット
ウォークインクローゼットのメリットは、一般的なクローゼットよりもたくさんの荷物を収納できること。
好きな服に囲まれて、毎日ブティックのような環境で着替えを楽しめます。

また、一般的なクローゼットと違って広いので、どこに何があるのかがひと目でわかるのもメリットです。衣類やアクセサリーなどをまとめて収納してしまえば、カラーボックスや棚などを置くスペースも減らせます。

・注文住宅ならウォークインクローゼットの広さも自由自在
注文住宅なら、家の大きさや荷物の量に合わせたウォークインクローゼットを設計可能。
内部に専用の収納棚を作ったり、普段使っている収納ボックスがぴったり入る収納スペースを作ったりすることも可能です。

■リゾートのような開放的なバスルーム

最初から間取りが決まっているマンションや建売住宅では、浴槽や浴室設備の選択肢が限られます。ユニットバスの場合、洗い場や天井なども含めて一つのパッケージになっているため、サイズが合わないと気に入った設備を導入できません。
しかし、注文住宅なら「使いたい浴槽や設備」に合わせて浴室を設計できます。
また、浴室に大きな窓を設置したり、浴室から直接出られるウッドデッキやテラスを作ったりすれば、リゾート地を思わせる開放的なバスルームを作ることだって可能です。中庭を設けて浴室の窓やテラスをそちらに向ければ、周囲の視線を気にする必要もありません。

ついでにサニタリーと浴室の仕切りをガラスにすると、サニタリーへの採光も良くなります。

そのほか、猫脚タイプなどの特殊な形の浴槽を使ったバスルームも、完全自由設計の注文住宅なら実現できます。

 

■カフェスタイルのオープンキッチン

・注文住宅なら好みのキッチンに合わせて間取りを調整できる
オープンタイプのキッチンにも、I型やアイランド型といった形状の違いから、シンクの大きさ、コンロの数までさまざまな違いがあります。
その点、設計を自由に変更できる注文住宅では、使いたいキッチンに合わせた間取りにすることが可能です。

また、キッチン全体のデザインも、木材などの自然素材を使ってナチュラルにするのか、レンガ張りの洋風デザインにするのか、インダストリアルに仕上げるのかなどを好きなように選べます。

・おしゃれな「見せる収納」「見せない収納」も設計できる
カフェスタイルのオープンキッチンでは、収納の使い方が重要です。
棚や収納スペースを作って、調理器具や調味料を見せる収納に並べるとおしゃれに見えます。逆に、見えない部分にこっそり収納を作ったり、手元の作業を隠すために目隠しやキッチンカウンターを作ったりすることも可能です。

 

■まとめ

建売住宅やマンションを買う場合、あらかじめ決められた枠組みの中で気に入った設備を見つけるしかありません。しかし、「ここをこうしたかったな」と後悔する状態で、本当に新生活を楽しむことができるでしょうか。

「あったらいいな」を叶える家づくりがしたい方は、妥協せずゼロから好きなように設計できるダイアリィズで、理想の住まいを手に入れましょう。

お問い合わせ・資料請求
ページのトップへ戻る