Now Loading

COLUMN

注文住宅の疑問を解消!リビングは1階と2階どちらに作るべき?

予算の範囲内で、ありとあらゆる希望を実現できるのが、完全自由設計の強みです。
ただし、完全自由設計の注文住宅は、自由度が高すぎてかえって間取りに悩んでしまう人も少なくありません。

かつては、リビングは1階に設置するのが一般的だったものの、近年は2階に設置するという方も多くいらっしゃいます。リビングを1階にするか2階にするか、どちらが良いのかには決まった答えはなく、ご家族の特徴や立地によって変わってきます。

そこで今回は、注文住宅によくあるお悩みのひとつ、「リビングは1階と2階のどちらに作るべきなのか」にお答えします。

1階にリビングを作るメリット・デメリット

・1階にリビングを作るメリット
リビングを1階に作る最大のメリットは、「家事動線をコンパクトにまとめやすい」ことです。リビングを1階に作る場合、キッチンや浴室、洗面所なども1階に作ることが多くなります。

玄関とリビングが近くにあれば、食べ物をたくさん買い込んでも、リビングを経由してスムーズにキッチンへと荷物を収納できるでしょう。キッチン・浴室・洗面所の距離が近いと、洗濯の合間に料理の準備や洗い物を片付けられます。
庭で洗濯物を干すような間取りの場合、リビングから庭へ出られるように家事動線を整えておけば、重たい洗濯物の持ち運びも必要最低限で済みます。

また、1階にリビングがあると、直接庭に出られるので家庭菜園などで庭の活用もしやすくなります。玄関との距離が近く、来客があったときすぐに対応できるのも大きなメリット。義理のご両親や友人知人がよくやってくるご家庭や、ネットショッピング等を利用していて週に何度も荷物が届くご家庭なら、1階にリビングを置いた方が便利でしょう。

・1階にリビングを作るデメリット
注文住宅の1階部分は、日陰になりやすいので日当たりがあまり良くないのがデメリットです。採光をしっかりと考えて設計しないと、天気の良い日でもリビングでは常に照明をつけることになってしまうでしょう。

また、大きな窓があると家の中が丸見えになってしまうため、リビングの窓をあまり大きくできない点もデメリット。せっかく大きな窓をつけたのに、通行人や隣人の視線が気になるからと、カーテンを閉め切って生活しているというご家庭も少なくありません。

1階のリビングは、隣家や家に面している道路との位置関係を考慮して、リビングや窓の向きを設計する必要があります。

2階にリビングを作るメリット・デメリット

・2階にリビングを作るメリット
2階にリビングを作るもっとも大きなメリットは、抜群の日当たりです。
1階に比べて高さがある分、2階のリビングには日光も風もたっぷりと入ってきます。目隠しとしてバルコニーを作ってしまえば、2階の様子が外から見える心配もありません。

明るいリビングで過ごしたい、リビングに大きな窓を使って外の景色を楽しみたいというご家族におすすめの間取りです。

また、2階リビングの方が1階リビングよりも広く作れます。
2階全部と屋根の重量を支える必要のある1階に比べて、2階にかかるのは屋根の重さくらいのもの。柱や耐力壁を外しても強度や耐震性に問題が出にくいため、大きなリビングを作りやすいのです。

・2階にリビングを作るデメリット
2階にリビングを持ってきた場合、多くの住宅では、2階がリビングだけになり、その他の部屋は1階に配置することになります。そうなると、日当たりの良くない1階に寝室や子ども部屋などのプラベートなスペースをまとめることになってしまいます。

玄関からリビングまでが遠くなるため、間取りを工夫しておかないと、子供が帰ってきても気づいてあげられなかったり、玄関から子ども部屋子供へ直行してしまい親子の会話が減ったりしやすくなる可能性があります。

1階と2階を行き来が増える分階段の移動で疲れやすいのもデメリットです。

まとめ

リビングを1階に置いたほうが暮らしやすいのか、それとも2階に置いた方が快適なのかは、家を建てる場所や周囲の環境、好みによって人それぞれ。どちらの間取りにも、それぞれよい部分と良くない部分が存在します。

自分たちの生活にはどちらのリビングをどの階に設置するべきなのかは、それぞれのメリット・デメリットを把握した上で考えていく必要があります。
弊社は伊豆の工務店として50年の経験と1300棟を超える実績を持っております。豊富な経験・実績から、お客様に最も適した間取りのご提案をさせていただきますので、お悩みの方はぜひ一度ダイアリィズへお越しください。

お問い合わせ・資料請求
ページのトップへ戻る