Now Loading

COLUMN

家事や子育てが楽になる!玄関における収納づくりのポイント

注文住宅を建てるのであれば、家の外観や間取りはこだわり、住みやすく自分の好みの家を建てたいですよね。
一生に一度の買い物とも言える住宅では外観や間取りにこだわるのはもちろんですが、使い勝手のよい住宅、暮らしやすい住宅を建てるためのヒントは、多くの人が見落としがちで、こだわらない場所にこそ隠れているもの。

今回は、少しこだわるだけで家事や子育てがぐっと楽になる「玄関収納づくり」のポイントをご紹介します。

玄関収納には可動式の棚がおすすめ

玄関収納には、マンションなどによくある「背の低いカウンタータイプ」や「壁一面を収納棚にしてしまうタイプ」など、いくつか種類があります。

どのタイプの玄関収納にもそれぞれのメリットがありますし、玄関の広さや生活のスタイル等によって必要な収納が変わってくるので、人によっておすすめのタイプは変わります。

ただ、どのような玄関収納を選ぶ方にもおすすめなのが、「高さを変えられる可動式の棚」なのです。

棚を動かせないタイプの玄関収納は、収納力が控えめなカウンタータイプも、壁一面に荷物をたっぷり収納できるタイプでも、収納できる荷物の大きさが自動的に決まってしまいます。

たとえば、スニーカーやパンプスを収納できるスペースに長靴やブーツは入りません。
将来的に子供が増えたり、ファッションの好みが変わったりして持っている靴の種類が変わる可能性もあるので、玄関収納は荷物の量や大きさを調整できる可動式の方が使いやすいのです。

また、棚板を外せるタイプの玄関収納なら、靴以外の大きな荷物も収納できます。

大型収納があると玄関がスッキリする

「来客があったとき、玄関に靴や荷物が散乱していると困る」
「外出のたびに重たい荷物を運びたくない」

というご夫婦におすすめなのが、玄関から直接アクセスできる「大型収納」です。

家族の人数が増えたり、遊び盛りの子供がいたりすると、玄関に置く荷物は一気に増えます。
子供が帰宅するたび、脱ぎ捨てた靴やおもちゃや傘などを片付けるのは大変です。しかし、玄関の隣に小部屋を作り、シューズボックスや傘立てなどをすべて大型収納の方にまとめてしまえば、来客時の際、慌てて玄関を掃除する必要もなくなります。

それに、大型収納は覗き込まない限り中が見えないため、プライバシーの保護にもうってつけ。普段、印鑑や鍵などを玄関に置いているご家庭も安心です。

玄関のすぐ近くにベビーカーを収納できるので、子育て中のお出かけが楽になるというメリットもあります。

上着を収納できるようにしてホコリや花粉の侵入を防ごう

「玄関に置く荷物なんて、靴と傘くらいだからそんなにこだわらなくても良いかな?」と思っている方もいるかもしれません。
しかし、せっかく注文住宅を建てるのであれば、靴や傘だけでなく、コートやジャケットといった上着も収納できる収納を作ることをおすすめします。

なぜかというと、玄関にコートやジャケット、雨具などを収納できるスペースを用意しておくと、花粉や黄砂が飛び交う時期でも家の中へ汚れを持ち込まずにすむからです。普段玄関の外で上着をはたいてから帰宅するよう心がけていても、急いでいたりすれば、つい対処を忘れてしまうこともあるでしょう。

しかし、玄関に上着を収納できれば、少なくとも上着に付着した花粉やホコリなどがリビングや寝室に侵入することはありません。

それに、冬場のコートやジャケットなどの上着は場所を取ります。玄関に上着を収納することで、寝室等に置いているクローゼットを広々と利用できます。

まとめ

家づくりをするとき、玄関にこだわる人はそう多くはありません。
しかし、玄関周りは、少しこだわるだけで毎日の生活を楽にすることができる穴場的なスペースです。

ご家庭によって使い勝手の良い玄関収納は変わってきます。
自分たちの生活に合った玄関収納に興味がある方は、ぜひ一度ダイアリィズへご相談ください。

お問い合わせ・資料請求
ページのトップへ戻る