Now Loading

COLUMN

オープンキッチンのデメリットを解消する設計の工夫とは

開放感があっておしゃれなオープンキッチンにも、デメリットはあります。
どのようなデメリットがあるのかを理解していないと、新生活をはじめてから「こんなはずじゃなかったのに」と後悔する羽目になってしまうでしょう。

今回は、オープンキッチンのデメリットを解消する設計の工夫をご紹介します。

後悔する前に知っておきたいオープンキッチンのデメリット

・料理中の匂いがリビングに広がりやすい
コンロの周りが壁で囲まれておらず、リビングと直接つながっているオープンキッチンは、匂いが広がりやすいです。

夕食用にさばいている生魚と子供のおやつなど、匂いが混ざると食欲を失ってしまう場合もあるため、オープンキッチンでは換気にこだわりましょう。

・キッチンの様子が丸見え
オープンキッチンは、リビングやダイニングからキッチンの様子が丸見えです。
料理中の手元や出しっぱなしの食器、食事の後にまだ洗っていない鍋などが見えてしまうのが嫌だという人もいますよね。

急な来客があることも考えて、オープンキッチンにする場合はキッチンやリビングのレイアウトにも気を使いましょう。

・やんちゃ盛りの子供が料理中キッチンに入ってきてしまう
オープンキッチンは、壁に囲まれていないため出入りが楽です。
しかし、やんちゃ盛りのお子さんがいる場合、料理中に突撃してくる危険性があります。

包丁や火を扱っている最中だととっさに子供を制止できないので、安全面を考えると子供が入れないようにする工夫が必要です。

・おしゃれさを重視しすぎて収納が不足しがち
クローズタイプのキッチンよりも広い面積が必要な分、オープンキッチンは収納が不足しがち。

オープンキッチンの中には、吊戸棚のないタイプもあります。
「お皿を置く場所が足りない」「鍋やフライパンを片付ける場所がない」といった問題が起きると不便なので、設計の段階で十分な収納を確保しましょう。

オープンキッチンの弱点をカバーする設計の工夫

・換気や通風の経路を考慮した設計でにおいの問題をカバー
オープンキッチンにつきもののにおい問題は、リビングも含めた空間全体の換気や通風が行き届いていれば気になりません。

また、キッチンの周囲がフルオープンになっているタイプではなく、コンロの前にだけ壁のあるセミオープンキッチンにすると、油ハネや匂いの問題も軽減できて便利です。

・手元はキッチンカウンターで隠そう
オープンキッチンを導入する場合は、手元がちょうど隠れるくらいのキッチンカウンターを造作しましょう。
手元を隠せるだけでも丸見え感は軽減できますし、手元を隠すくらいなら視覚的な圧迫感もありません。

それに、キッチンカウンターはちょっとした軽食やお茶をするスペースとしても利用できるのでおすすめです。

・キッチンの通路幅をベビーゲートのサイズに合わせる
子供の侵入を防ぐコツは、キッチンの通路幅を市販のベビーゲートに合わせること。
市販のベビーゲートより通路が狭いと商品を設置しづらいですし、逆に通路が広すぎるとベビーゲートの隙間から子供が入ってきてしまいます。

最初から市販品に合わせておけば、設置も買い換えも楽です。

・見せる壁収納やシンク下の活用で十分な収納を確保
オープンキッチンにありがちな収納不足は、見せる収納で解決しましょう。
食器や調理器具が丸出しでも、メーカーや容器を統一していればおしゃれに見えます。

必要なものをすぐに取り出し、使ったものもすぐに片付けられるため、実用性も抜群です。
また、シンク下の空間が大きなオープンキッチンを選ぶと、かさばる調理器具の収納場所も確保できます。

まとめ

自由設計のダイアリィズなら、デメリットに配慮した使い勝手の良いオープンキッチンを提案可能です。

「オープンキッチンが気になっているけど、使いづらかったら嫌だな」と不安を感じている方は、ぜひ一度ダイアリィズへお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求
ページのトップへ戻る